「 高齢出産と胎児の染色体異常 」一覧

染色体異常について

染色体異常について

胎児の染色体異常にはここでご説明した異常のほかまだまだ研究途中の染色体異常が存在します。高齢出産では染色体異常の赤ちゃんを授かる可能性が高い...

高齢出産と染色体異常

高齢出産と染色体異常

女性は卵子を生まれ持っており加齢とともに卵子も老化していきます。これにより受精卵の染色体異常のリスクが高まり生まれてくる赤ちゃんにダウン症な...

高齢出産とダウン症

高齢出産とダウン症

高齢出産のリスクとして赤ちゃんがダウン症で誕生する可能性が高くなると言うリスクがあります。 ダウン症とは先天的染色体異常により生まれながらに...

染色体とは

染色体とは

人は22本の染色体を2本ずつと性染色体2本の計46個を持って生まれてきます。 高齢出産では卵子の老朽化による染色体異常が起こり46個ある染色...

染色体の呼び名

染色体の呼び名

染色体異常高齢出産の方に多く見られる胎児の染色体の構造異常のことです。  異常の種類は通常交叉の失敗によって引き起こされることが多い部分トリ...

染色体一本が

染色体一本が

高齢出産のリスクとしてあげられる胎児の染色体異常とは具体的にどの様な異常があるのでしょうか? 染色体異常で胎児が障害を持って誕生する事は皆さ...

ターナー症候群について

ターナー症候群について

高齢出産に多い胎児の染色体異常でターナー症候群という疾患があります。この症状は人の染色体のうち性染色体異常でおこるの代表的な疾患です。女性に...

バトー症候群について

バトー症候群について

高齢出産に多い染色体異常の疾患でダウン症(21トリソミー)の次に多い疾患をバトー症候群(18トリソミー)と言う疾患があります。 バトー症候群...

エドワーズ症候群について

エドワーズ症候群について

高齢出産に多い胎児の染色体異常にエドワーズ症候群と言われる胎児の染色体異常があります。これは13番目の染色体の数が1本多い染色体異常で約50...

スポンサーリンク