スポンサーリンク

高齢出産と流産判断

「流産している」と言う診断はどの様に下されるのでしょうか。
流産は妊娠の診断(産婦人科での受診や妊娠検査薬での判断)がついてから3週間経過しても赤ちゃんが育っていると見とめられない場合流産と診断されます。これは本人に自覚症状があるなしにかかわらずです。
高齢出産の多くの女性は手に職を持ちバリバリに働いている事が多く忙しさに追われ妊娠に気が付かず無理をして流産する場合やむしろ妊娠に気が付いていても忙しさを理由に無理をし自分から流産を引き起こす場合が殆どなのです。これは言ってどうにかなる問題ではありませんが高齢出産を計画している女性は忙しい中でも自分の体の異変をしっかり見つめお腹の中に宿る小さな命の尊さを知る事が大切なのです。お母さんの過失で赤ちゃんが流れてしまうと言うことは絶対にあってはなりません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク